過ち、はじめまして。第7話動悸ネタバレ感想【朝雛の内心を知って傷つく?】

わたしが書いてます。

ご訪問ありがとうございます!!

takahasi

 

サイト運営者のタカハシです。

こっそりと読める電子コミックで、エロ漫画を満喫してます。

今回も、エロ漫画漫画の魅力をお伝えしてきますよ~(^O^)

 

 

過ち、はじめまして。

今回は、『過ち、はじめまして。』の第7話動悸をネタバレしながらレビューしていきます。

吉田は朝雛と動物園にいって、デートみたいな気分になっていました。

恋人のような感じになって、幸せを感じていた吉田でしたが・・

朝雛が教授と電話をしてる姿を見て、現実に戻ってしまいました。

朝雛が抱いている教授への感情と・・

吉田の朝雛への好意は、同じような気がしてきました。

『過ち、はじめまして。』の試し読みはこちら

【ネタバレ】過ち、はじめまして。 第7話 動悸

もう・・限界だ・・

吉田は、朝雛教授が一緒にいるところを見て。。

そう感じていました。

朝雛の部屋で・・

ピンポーン!

「いらっしゃい」

「お・・お邪魔します」

なんだかすごく緊張してる様子。

「へ・・へー綺麗にしてるんだな・・

教授が来るからとか?」

「・・先生は来ないわ」

男の人を招くのは初めてだと聞いて・・

よし!

内心は少しだけよろこんでる?

朝雛の部屋は、綺麗過ぎて生活感がなく・・

落ち着かない

吉田は話があったんですけど、キリンのお土産が気になりました。

「皆、いらないんだって・・」

「そりゃそうだろ・・」

そんな会話をして、お茶を済ませて・・

食器を洗っている朝雛の後ろ姿に、興奮してる吉田。。

きっと大丈夫・・

後ろから朝雛を抱きしめました。

「ちょっと・・何?今・・洗って」

吉田は、水道の水を止めて・・

朝雛のおっぱいを揉み始めました。

「やめて・・」

でも、アソコに手を当てると・・

濡れてる・・

「ふあ・・」

でも今日は教授のためじゃない・・俺のためだ

俺の愛液だ・・

「く・・ふッ・・あっ」

アソコを舐めると、朝雛はさらに感じはじめたんです。

「はあ・・はッ・・」

「い・・挿れていいよな?」

吉田は、深く繋がりたいと思っていました。

挿入すると朝雛は・・

「あ・・もっと」

「もっと・・なに?」

朝雛を焦らす吉田・・

「もっと・・激しく突いて・・」

「・・わわかった・・」

吉田が激しくすると・・

朝雛はまたいやらしい声を出して・・

初めて吉田からセックスができたけど・・

その後さらにつらいことが起きるんです。

過ち、はじめまして。

朝雛の内心を知って、傷ついた吉田!?

いつも、朝雛のペースだったけど、吉田は思い切りましたね。

自分からやろうとするなんて、めちゃくちゃ緊張していました。

今回は、教授の代わりじゃないと思えて満足してたのかも?

でも、吉田は朝雛にはっきりとフラれてしまったようでした。

セックスの後で、「付き合って欲しい」と行ったけど・・

無理でした。

じゃあ、どうしてセックスをするの・・?

吉田が、この理由を知ったときは、すごく傷ついたと思うんです!

朝雛にとって、吉田は研究材料のような扱いでした。

吉田が、哀れに思えてしまいました。

すごく真面目、一途なところがあるのに・・

吉田の気持ちを弄んでいる朝雛って、どうなの・・?

『過ち、はじめまして』は電子コミックでコッソリと読めますよ!

試し読みもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

『過ち、はじめまして。』の試し読みはこちら

logo2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする