過ち、はじめまして。第6話陽射ネタバレ感想【教授にはやっぱり敵わない?】

わたしが書いてます。

ご訪問ありがとうございます!!

takahasi

 

サイト運営者のタカハシです。

こっそりと読める電子コミックで、エロ漫画を満喫してます。

今回も、エロ漫画漫画の魅力をお伝えしてきますよ~(^O^)

 

 

過ち、はじめまして。

今回は、『過ち、はじめまして。』の第6話陽射をネタバレしながらレビューしていきます。

吉田は朝雛とセフレのような関係になっていました。

教授がいないときに呼び出されて・・

好きな人とエッチをしても、なにか満たされない感情がありましたね。

今回は、朝雛と動物園に行くことになって・・

恋人のような感じになれるんでしょうか?

『過ち、はじめまして。』の試し読みはこちら

【ネタバレ】過ち、はじめまして。 第6話 陽射

動物園に行く前に、吉田朝雛は、ラブホテルに。。

「はぁ・・はぁ」

くちゅ・・はふッ

「あッ・・」

「え・・?」

「つ・・待っ・・」

朝雛のアソコを指で、刺激するとそれだけで・・

「あれ?もしかしてイった?」

すごくイキやすいカラダの朝雛。。

「はッ あぁっ」

やっぱり・・俺の指でイったんだ

もっと・・もっとと求めてくる朝雛。。

「ま・・またイク・・んんッ」

「お・・俺もッ・・」

そして、ラブホを出て、動物園に向かいました。

ラブホから一緒に出るの緊張するな・・

動物園での二人は、まるで恋人同士みたいでした。

ちょっと朝雛の肩が、ぶつかっただけで、吉田はドキドキ。

すでにセックスは何度もしてるのに・・

こんな触れ合いの方に、ときめいていたんです。

吉田は、朝雛との関係はこのままでいいとも思っていました。

動物たちを二人でみて・・

正直楽しい・・

これって完璧デートだよな?

こんな気持ちになって十分に幸せを感じていた吉田・・

でも、朝雛が教授と電話をしているところを見てしまって・・

思い知らされるんです。

俺の今日全部が・・

電話ひとつに敵わない・・

「あっごめんなさい」

朝雛は、吉田の気持ちに気づいていないんだろな~

過ち、はじめまして。

教授に敵わない・・吉田?

デートの前にエッチするなんて順番が違うような・・

朝雛ってエッチの度に、エロさがましていますね。

何度も何度も、イっちゃうし。。

でもな~吉田はかわいそうなんですよ。

セックスで性欲は満たされてるだろうけど・・

朝雛のおもちゃみたいになってない?

吉田は朝雛のことが好きなのに・・

気持ちが満たされていないように感じてしまって、つらいです。

朝雛は気づいていないのかな~?

動物園でのデート?で、朝雛に軽く触れただけで・・

ドキドキしちゃう気持ちも分かるな~

ゼッタイに恋人同士のような気分だし。

ここで幸せを感じていた吉田は、良かったんです。

エッチしなくても、こんなドキドキする感情の方が・・

楽しんだと思います。

とはいっても、朝雛は教授と電話をしていました。

これを見て、教授に敵わないと思って、現実に戻った吉田。

なんで朝雛はこんなときに・・

でも、朝雛が教授に抱いている感情は、吉田と同じ?

なのかもしれないと思いました。

朝雛は教授の恋人ではなく、セフレみたいな関係かも?

教授の奥さんには、敵わないと思っている朝雛かもしれません。

だから、吉田には自分のことを理解して欲しいと思っているのかも?

『過ち、はじめまして』は電子コミックでコッソリと読めますよ!

試し読みもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

『過ち、はじめまして。』の試し読みはこちら

logo2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする