友人の嫁を寝取る3話ネタバレ【やめて!でも再び容赦なく迫ってきた】

わたしが書いてます。

ご訪問ありがとうございます!!

takahasi

 

サイト運営者のタカハシです。

こっそりと読める電子コミックで、エロ漫画を満喫してます。

今回も、エロ漫画漫画の魅力をお伝えしてきますよ~(^O^)

 

 

立ち

今回は、ピンク太郎先生の『友人の嫁を寝取る~こんなにイヤらしい姿、旦那に見られてもいいのか?』の第3話引越し手伝いの合間に(前編)をネタバレしながレビューしていきます。

学生時代のからの付き合いで、大畑麻衣と澤森正輝が結婚することに。

波多野孝太は、二人と友人代表として、結婚を祝福していました。

でも、孝太は麻衣のことがずっと好きで、本音では反対の様子。

正輝が寝てしまったすきに、孝太は麻衣を襲いました。

麻衣は今耐えれば、この場はやりきれると思っていましたが・・

⇒無料の立ち読みはこちら

【ネタバレ】友人の嫁を寝取る 第3話

麻衣は、孝太とのあの夜の出来事を、正輝に打ち明けられるワケもなく・・

結婚式を迎えました。

あのとき、もっと強く抵抗していれば・・幸せになれた?

新居に引越してきた麻衣と正輝。

孝太が手伝いにやってくることになります。

麻衣は、孝太のことを考えると、すっごく不安な表情。

また、犯されてしまうと考えるのが当然なんですよね。

ピンポーンと鳴って、孝太が来た瞬間・・

麻衣は青ざめていたんですよ。

やっぱりだめ

孝太くんを家にいれちゃ

正輝は麻衣が孝太とヤバいことになってたなんて・・

知るはずもなく。。

普通に家に入れてしまいます。

孝太は怪しげな目で、麻衣をみました・・

大体片付けが終わって、お風呂が沸くと。。

「一番風呂は家主が入れよ」

「お客さんの前に入るの悪いけどなー」

正輝が風呂に入ると・・

リビングは、麻衣と孝太が二人だけに。。

食事の準備をしてる麻衣。

「なあ・・正輝とうまくやってるみたいだな」

麻衣の手がピクリと止まって・・

「前したこと言ってないのか?」

言えるわけない・・

そんなことしたら全てが壊れてしまう・・

孝太は、麻衣の背後からスっと抱きつきました。

そして、麻衣の胸を鷲づかみすると・・

「なに考えているの?」

「乱暴にされるのがいいんだろう?」

グッと堪えるような表情の麻衣。。

「前は感じまくってたくせに」

孝太は、ズボンのファスナーを下ろして・・

正輝がお風呂に入っている隙に・・

麻衣のお尻にチ○コを密着させた孝太でした。。

やめて!でも麻衣のお尻に・・

引越し作業ということで、パンツを履いていた麻衣。

孝太は、麻衣のお尻にアソコをくっつけてきたわけです。

そして、バックで挿入するような動きをして・・

この後どうしたらいいか分かってるだろうな?

という感じで孝太は麻衣に迫ってきました。

「あれから、ずっと我慢してた」なんて・・

孝太にとって麻衣は特別なんですね。

この屈折した恋愛感情が、麻衣を苦しめてしまうんです。

正輝は近くにいるけど、お風呂なんで、緊張感がある場面です。

孝太って普通は、大人しそうな男なんです。

でも、麻衣と二人だけになったときは、表情が変わります。

そして、麻衣が追い詰められていく表情もたまりません。

『友人の嫁を寝取る』は、電子コミックで楽しむのが、オススメです。

すぐに、読むことができて便利ですよ!

まずは、立ち読みでチェックしてみてください。

⇒無料の立ち読みはこちら 


logo2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする