不倫妻淫らに濡れた果実13話ネタバレ【真珠入りのモノに興奮する桃果】

わたしが書いてます。

ご訪問ありがとうございます!!

takahasi

 

サイト運営者のタカハシです。

こっそりと読める電子コミックで、エロ漫画を満喫してます。

今回も、エロ漫画漫画の魅力をお伝えしてきますよ~(^O^)

 

 

今回は、『不倫妻~淫らに濡れた果実』の13話夫の取引先に奥まで注がれをネタバレしながらレビューしていきます。

桃果が、二条院に連れて行かれたお金持ちの社交場。

そこは、パートナーを入れ替えて、卑猥なことをする集まりでした。

桃果は、裸にされ、カラダをじっくりと見られてしまうも・・

アソコから溢れ出す液体で、濡れていました。

ここに、和紗も来ており、二条院とは秘密の関係がありそう・・?。


⇒無料の立ち読みはこちら


【ネタバレ】 不倫妻~淫らに濡れた果実 13話

社交場の男たちに囲まれた桃果

男たちは、大きくなったアソコを出して・・

舐めて気持ちよくするように迫ってきました。

「わ、私・・そんなことまで・・」

「ご主人の会社、かなり業績が厳しいとか・・」

二条院は、こんなところまで調べていました。

男たちの中には、遥輝の会社の取引相手の会長もいました。

「ご奉仕しておいて損はないと思いますよ」

「ご主人はあの会社にお勤めですか・・」

私さえ今だけ、何も考えない人形になれば・・

桃果は、会長の真珠入りのアソコを舐めました。

はふ れちょお

「真珠入りは初めてですか?」

真珠?聞いたことはあったけど・・

痛くないのかなぁ

桃果は、真珠に興味をもって、自分の口に入れてみると・・

口の中を丸い玉がぼこぼこ擦るっ

こんなのでアソコを擦られたら・・

卑猥なことを考える桃果でした。

「上手いじゃないですか」

会長は、ほかの皆さんにも同じことをするようにいいました。

この人たちの態度次第で、遥輝の会社はどうにでもなると脅して・・

「ああ」

必死に恥ずかしさに耐えている桃果・・

みんなはたまらないという表情でした。。

「二条院様も素晴らしい女性を見つけたもんだ」

そして、会長は桃果のアソコへ・・

「どれここは!?」

桃果は、他の男たちにフ○ラをしながら、おま○こを攻められ・・

「ふははっ どんどん溢れてくるよ」

ああ・・どうして、私なにも考えないようにしてるのに・・

そして、会長は、桃果に卑猥なことを言わせて・・

挿入しようとしていました。

「ほら、『おち○ぽ様をください』と言って、自分から跨って挿入しなさい」

「ああ・・そそんな・・」

桃果は、ここでもためらいがありました・・

でも、遥輝の会社のことを思うと、断ることはできなくて・・

真珠入りのアソコで凄いことに・・

初めてみた真珠入りのアソコ・・・

桃果は挿入すると、真珠が膣を擦って、ものすごく感じていました。

しかも、奥まで入って、自分から腰を振って刺激を強くしていました。

そして、中に射精されてしまう・・

桃果は、熱いものがお腹の中に入っているような感覚に。。

安全日とはいえ、中出しさえも、興奮してしまう桃果でした。

いや~これでもかというくらいに、淫乱になっていきますね。

あんなに清楚そうだったのに・・

ホントにたまりません~(。-∀-)

相手にしてたのが、遥輝の会社の取引先の人とはいっても。。

桃果は、遥輝のためにやってるのか分からなくなってきました。

ホントに、気持ち良さそうにしてるから~(*゚▽゚*)



不倫妻~淫らに濡れた果実は電子コミックでこっそりと読めるので、オススメです。

まずは、無料の立ち読みをチェックしてみてくださいね。

⇒立ち読みはこちら

logo2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする