不倫妻淫らに濡れた果実10話ネタバレ【人前で辱められる桃果】

わたしが書いてます。

ご訪問ありがとうございます!!

takahasi

 

サイト運営者のタカハシです。

こっそりと読める電子コミックで、エロ漫画を満喫してます。

今回も、エロ漫画漫画の魅力をお伝えしてきますよ~(^O^)

 

 

今回は、『不倫妻~淫らに濡れた果実』の10話侵食する恥辱をネタバレしながらレビューしていきます。

二条院という紳士風のお客に、目隠しと手かせをされた桃果。

見えない興奮から、何人もの人に触られる感覚で、新たな快楽を得ました。

結局、二条院とは最後までイってしまい、最高潮の気分に・・

そんな桃果の様子をスマホのカメラで撮影し、誰かに報告している和紗の姿が。

淫らになっていく桃果を知っているのは、和紗以外にもいる?


⇒無料の立ち読みはこちら


【ネタバレ】 不倫妻~淫らに濡れた果実 10話

二条院の相手を終えて、帰宅した桃果

ごめんなさい・・遥輝さん

あんなはしたないことしちゃうなんて・・

もう後戻りはできない。。

でも、遥輝への申し訳ない気持ちは残ったまま。

ブーッ ブーッ

遥輝からの電話に、一瞬たじろぐ桃果・・

「は遥輝さん・・今どこに!?」

「桃果・・すまない・・」

会社の経営が上手くいかず、助けてくれそうな取引先を回っていた遥輝。

まだしばらく帰れそうにない様子でした。

そして、今月の給料の支払いが遅れるということを伝えていました。

「心配かけてごめん」

「遥輝さん、家のことは心配しないで」

遥輝が無事なことに、安心する桃果でしたが・・

給料の支払いが遅れる・・

そして、今度は、二条院から電話がかかってきました。

二条院は、桃果のことがすっかり気に入っていました。

桃果はお礼に50万円ももらっていました。

二条院はそれでも安いくらいだと思っていて・・

遠慮していた桃果にあるお願いをしていました。

桃果は、二条院に電話で指示されて・・

夜のカフェに一人で待っていると。。

また、二条院から電話がかかってきました。

桃果は、イヤホンマイクをつけるように言われていました。

「指示された服を着て、駅前のカフェにつきました」

「そうですか・・パンティーは・・」

「ああの・・このスカートだとその・・」

桃果は短いスカートに、ノーパンで来るように指示されていました。

「履いているんですね?」

「は、はい」

二条院は、その場でパンティーを脱ぐように指示してきました。

「え!?」

「桃果さんが指示に反したから・・」

そして、二条院はさらに、桃果を辱める指示をしてきました。


人前で下着を脱いでさらに辱められる・・桃果

いや~二条院さんもすごい変態ですね。

ホントに優しそうで紳士的な対応だったし、たくさんお金くれるし・・

いい人そうだったのに、桃果は人前で辱めを受けてしまいました。

駅前のカフェで脱いだパンティーをテーブルの上に置いた桃果。

そして、股を広げるように要求されて、周りの人はざわつく・・

桃果も二条院にこんなことまで、されるなんて思ってなかったでしょうね。

一方で、遥輝からの電話・・

会社はそうとうヤバそうだし、給料も先延ばしになっていました。

夫を気遣う桃果は可愛らしかった。

でも、状況的には秘密クラブで働く以外に、夫を助ける方法はないです。

ますます追い込まれていく桃果・・

そして、二条院の要求はさらにエスカレートしそうですね!



不倫妻~淫らに濡れた果実は電子コミックでこっそりと読めるので、オススメです。

まずは、無料の立ち読みをチェックしてみてくださいね。

⇒立ち読みはこちら

logo2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする