不倫妻淫らに濡れた果実7話ネタバレ【隣人妻の言葉攻めが絶妙w】

わたしが書いてます。

ご訪問ありがとうございます!!

takahasi

 

サイト運営者のタカハシです。

こっそりと読める電子コミックで、エロ漫画を満喫してます。

今回も、エロ漫画漫画の魅力をお伝えしてきますよ~(^O^)

 

 

今回は、『不倫妻~淫らに濡れた果実』の7話隣人妻に握られた秘密をネタバレしながらレビューしていきます。

遥輝のことを思うと、悪いことをしてしまったという思いの桃果。

でも、淫らになってしまったカラダは、快楽を欲していました。

一方で、義理の弟・匡平は、桃果に異常な愛情があることが分かりました。

下着を盗むために、遥輝の家に侵入した匡平でした。

でも、それを隣人に見られてしまい・・


⇒無料の立ち読みはこちら


【ネタバレ】 不倫妻~淫らに濡れた果実 7話

匡平は桃果の家の庭で、干してある下着を眺めていました。

昨日はあの下着を履いていたのか・・

また、桃果を想像しながら、オ○ニーを始めようとすると・・

隣人の妻の粧子が声をかけてきました。

「また盗もうとしてるのかしら」

「ななに言ってるんですか・・誤解ですよ」

匡平は、右手に持っている桃果の下着を見られてしまい・・

粧子から逃れられない状況になりました。

そして、粧子の家に連れてこられて。。

「ああの・・誤解なんです」

「言い訳してもだめよ・・」

粧子は、盗んだものを出すように強く言いました。

匡平はまだごまかそうとしましたが・・

「出さないと桃果さんに連絡するわよ」

観念した匡平は、下着をだしましたが・・

「これだけじゃないわよね」

「え!?」

匡平がズボンを脱ぐと・・

「あ~あやっぱり履いてた。

桃果さんどう思うかしら?」

匡平は桃果と聞いただけで、アソコがムクッと大きくなり。。

「やだなにこれ・・パンティーがはちきれそう」

粧子が匡平のアソコを触ると・・

「やだ、やめろ」

粧子は手の動きを止めずに、さらに激しく掴んできました。

ぐにゅ ぐちゅッ

「あ~あ 

こんなにいやらしい露がでちゃってる」

粧子は、ことばで攻めながら、匡平があの人にそっくりだと思っていました。

そして、服を脱いで下着姿になった粧子は・・

「どう私のカラダ・・

桃果じゃないから反応しない!?」

粧子は、匡平を誘惑してきました。

そして、匡平の大きくなったアソコを咥えると・・


粧子のことば攻めに興奮する・・

桃果の義理の弟の秘密を知ってしまった粧子。

匡平は、粧子に逆らうことができなくなってしまいました。

粧子は、童貞の匡平をことばで攻め続け、さらにフ○ラまで。

粧子の痴女っぷりがたまらないはなしでした。

匡平が口でイキそうなると分かると、すぐにやめて。。

まだ、射精させないところなんて、いいですね~

そして、粧子は自分のおま○こを見せて。。

挿入させようとしたんです。

匡平は躊躇しながらも、粧子の中へ・・

いや、桃果のパンティを持っていただけじゃなくて・・

自分で履いていたなんて、十分変態ですよ。

でも、履きたくなる気持ちは、分かるな・・・( ´▽`)

匡平を誘惑した粧子の目的は、いったい何なのでしょうね?

桃果はどんどん弱みを握られているような気がするな~


不倫妻~淫らに濡れた果実は電子コミックでこっそりと読めるので、オススメです。

まずは、無料の立ち読みをチェックしてみてくださいね。

⇒立ち読みはこちら

logo2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする