発情女子寮ハーレム6話ネタバレ【エステ実習はもうイメクラ気分?】

わたしが書いてます。

ご訪問ありがとうございます!!

takahasi

 

サイト運営者のタカハシです。

こっそりと読める電子コミックで、エロ漫画を満喫してます。

今回も、エロ漫画漫画の魅力をお伝えしてきますよ~(^O^)

 

 

今回は、『発情女子寮ハーレム』の6話ぬるぬるマッサージ実習をネタバレしながらレビューしていきます。

5話で、俊介の凛へのエッチは未遂に終わったものの。。

凛のアソコは濡れていたし、メチャクチャ感じていたし、すごくエロかったです。

そして、凛は俊介と二人だけで、エステの実習をすることになります。

う~ぬるぬる実習なんて、もうたまらない~(*゚▽゚*)


⇒無料の試し読みはこちら

【ネタバレ】 発情女子寮ハーレム 6話

エステの実習で、俊介は仕切られた空間の中で、二人だけに。。

俊介は男子なので、ほかの女子生徒と一緒に、実習はできないんです。

施術台の上に横になって俊介は、イメクラ気分に・・・( ´▽`)

「では胸元にタオルかけますね・・」

うひょおお

目の前に広がるおっぱい!!

鼻先にあたりそ~

実習なのに俊介の気分は、昨日の続き状態に・・?

凛はテキストを片手に、一生懸命実習をしていますが。。

ヤバ・・勃ってきた・・

「あ・・ごめんなさい

最初はうつ伏せみたい・・」

うつ伏せになって、アソコを悟られず済んだ俊介・・

凛がオイルを手に取って人肌に温めて。。

ぬる ぬる 

俊介の背中には、凛の手の平とオイルの感触・・

この音昨日のことを思い出す・・

いかん、萎えることを考えないと・・

「ふ~背中だけでも大変・・!」

ずっと真面目に実習をしている凛。

また、手にオイルをつけると・・

「じゃあ仰向けになってください」

ここから正念場だ・・俺の息子を鎮ませてくれ!!

俊介は仰向けになって、我慢しようとしましたが・・

たぷん たぷん

俊介の顔の上には、凛のでかいおっぱいが!!

そして、むぎゅ~と顔を押さえつけてきました。

り・・凛ちゃん!!

胸が・・胸が~

ぴ~ん

俊介のアソコは、再びギンギンに・・

バレませんように・・

すると、凛が床に落ちてしまったオイルで、足を滑らせ。。

「きゃあああ」

凛の上半身が、俊介のカラダに被さってしまいました (´д゚`ll)

「ごめんなさい、高木君」

すると、凛の顔の前には、俊介のギンギンになったモノが・・

すると、仕切りの向こうから先生の声がして・・

このヤバい状況を先生にも見られてしまう・・?

イメクラ気分にはちょっと・・

俊介は、凛と実習ができるから、浮かれていました。

もう実習どころではなくなって、大浴場での続きを想像していました。

たしかに、気分はイメクラに近いだいろうけど。

凛のほうは、俊介の気持ちとはうらはらに、まじめにやっていました。

凛って不器用そうだけど、一生懸命にやってる姿に惹かれますね。

こんな凛の姿をみてたら、イメクラなんていえないよ~!

でも、男だったら、俊介みたいになってしまうのは、仕方ない。

というか、女子寮だけじゃなくて、学校の実習でもこんなことに。。

いや~ホントに俊介がうらやましい(*´∀`*)

凛ちゃんのカラダは、エロすぎや~

発情女子寮ハーレムは電子コミックでこっそりと読めるので、オススメです。

まずは、無料の立ち読みをチェックしてみてくださいね。

無料の試し読みはこちら

logo2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする