発情女子寮ハーレム3話ネタバレ【風呂場にやってきた女の子たちww】

わたしが書いてます。

ご訪問ありがとうございます!!

takahasi

 

サイト運営者のタカハシです。

こっそりと読める電子コミックで、エロ漫画を満喫してます。

今回も、エロ漫画漫画の魅力をお伝えしてきますよ~(^O^)

 

 

今回は、『発情女子寮ハーレム』の3話妄想?現実?大浴場で裸の付き合い!?をネタバレしながらレビューしていきます。

エスティシャンになるために、養成学校に入学した高木俊介。

男子は俊介一人だけで、男子寮などもなく、女子寮の物置に案内されました。

壁穴から女の子がいやらしいことをしてる様子が分かって、いい思いをした俊介でした。


⇒無料の試し読みはこちら

【ネタバレ】 発情女子寮ハーレム 3話

入寮の翌日、待ちに待った学校初日。

授業の前に自己紹介があったけど、ここでも男子は、俊介だけ。

「男一人で正直戸惑ってます・・どうぞよろしく・・!」

教室では、ほかの女子生徒たちが・・

「なんで、男子が?」

「寮も女子と一緒なんだって・・」

ヒソヒソとざわついていました。

こんな雰囲気でやっていけるんだろうかと不安な俊介・・

しかも、このクラスには、真壁明日香佐瀬川凛が・・

俊介は、前の晩寮で、明日香のオ○ニーを目撃して、そのあとでエッチなことしていました。

エロかったのに、教室では、いつもの生意気な明日香・・

凛は教室では、メガメをかけていて、最初は誰か分からなかった俊介。

前日、偶然、揉んでしまった凛のおっぱいを思い出していました。

やわらかかったな~(  ̄▽ ̄)

明日香は、いやらしい表情をしてニヤニヤしてる俊介をつねって・・

「いつまでも気持ち悪い顔してんじゃないの・・!」

といって、テキストを渡しました。

授業が終わって、夜の寮で・・

俊介は、テキストを見て予習をしながら、エロい想像を・・

エステで凛のおっぱいを揉む・・

隣には、明日香もいて・・

どっちを選ぶ~?

みたいな・・妄想まで・・

「あっもう11時じゃん・・風呂で頭冷やしてこよ・・」

俊介は、大浴場に一人でいました。

「あ~極楽極楽」

などとのんきなことをいっていると・・( ´▽`)

「すっかり忘れてた~」

「10時半までよね・・?いいのかな?」

と言って入ってくる女の子たちが・・

ヤバっヤバっ!!!

キョロキョロと隠れる場所をさがす俊介・・


風呂場にやってきた二人の女の子たち・・

大浴場に入ってきたのは、明日香でした。

俊介はとっさに隠れるも、すぐに明日香に見つかってしまいます。

まあ、隠れ方も悪かったけどな~(笑)

俊介は、凛のおっぱいが妄想よりも大きくて、驚いていました。

凛のおっぱいも最高ですよ( ´▽`)

おしとやかそうなのに、あんなにエロいカラダをしてるなんて・・

俊介は、明日香に見つかった瞬間に、明日香の口を塞ぎました。

おとなしくしてないとこの前のことバラすぞ!

と言って、脅していたんです。

でも、凛もいるからピンチなのは変わりないんですけどね~

ところが、俊介は一応凛には、バレずに済んだんです。

良かった・・のか?

さてと、大浴場でこれからなにが起きるんでしょうね~?

発情女子寮ハーレムは電子コミックでこっそりと読めるので、オススメです。

まずは、無料の立ち読みをチェックしてみてくださいね。

無料の試し読みはこちら

logo2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする