感覚がつながる魔法のオナホ1話(3)ネタバレ【声出せないけど興奮してるw】

わたしが書いてます。

ご訪問ありがとうございます!!

takahasi

 

サイト運営者のタカハシです。

こっそりと読める電子コミックで、エロ漫画を満喫してます。

今回も、エロ漫画漫画の魅力をお伝えしてきますよ~(^O^)

 

 

今回は、『感覚がつながる魔法のオナホ』の1話生意気ギャルに遠隔操作挿入(3)をネタバレしながら、レビューしていきます。

汚山は、魔法のオナホに指を入れると。。

生意気ギャルののぞみは、感じまくって、イってしまいました。

そして、汚山はオナホに自分のモノを入れようとします。

無料の試し読みはこちら

▼クリック▼

【ネタバレ】感覚がつながる魔法のオナホ 第1話(3)

汚山は、魔法のオナホでのぞみのアソコにいれてみることに。

ここであの女のマ○コに挿入してやる・・

魔法のオナホに右手でグッと力を入れて、握りました。

また、ビクビクッとなったのぞみ・・

もうアソコは濡れて、ヌルッとなっていました。

えっ・・!?いやっ!何・・!?

ずずずず

ヤバい!何かが迫ってきて・・これってまさか?

ギャルのマ○コに挿入しちゃいま~す

ズプッ!!

ゾクゾク~♥

汚山は、完全にホンモノのアソコの感覚を味わっていました。

しかも、のぞみがどんなに抵抗しようが、逃れることはできません。

すべては、汚山の思うがまま・・

こんな便利なモノはない!

ぐちゅ!ぐちゅ!ぐちゅッ~

のぞみは、挿入されているのに必死で我慢していました。

んッ んッ んッ

みなさ~んそこの生意気ギャルは、チ○ポ入れられてるんですよ~

汚山は、頭の中でも快感を押し殺して、我慢してるのぞみを楽しんでいるようでした。

しかも、こんなカフェの中で昼間から、挿入されてイキそうになっているのぞみ。

汚山はそれをみてまた興奮してるようで。。。(  ̄▽ ̄)

次に、オイルを使ってさらにすべりを良くしようと・・

ズチュッ~

くそぉッ~何なんだよぉ~感覚がリアル過ぎて・・

誰もいないはずなのに、誰かに犯される感覚になっているのぞみ・・

お願い・・もう許して~

「ん~ッ」

耐えられなくて、声が出てしまったのぞみ・・

カフェにいる他のお客の視線が気になりましたが・・

ヌルヌルにされて攻められて・・極太のチ○ポを入れられてる感覚・・

こんなのガマンできるわけないっ!

そして、のぞみはついに・・

続きはここでチェック

▼クリック▼

声も出せず興奮してるがギャル・・たまらないよ

汚山、やりましたね(*゚▽゚*)

挿入されて、超気持ちよくなってのぞみ。

でも、周りにはお客がいるから、大きな声が出せない・・

必死で、興奮状態を隠しているのぞみが、たまりません。

普段は生意気なギャルのクセに、俺のモノでカラダを震わせてるなんて・・

のぞみが、最後にイったときは、勝った!

と・・勝利感にひたる思いでした(^-^)V

って、わたしがのぞみに挿入してるわけじゃないけど・・

こんな思いになれる展開でした。

いや~気が強いギャルを自分の手で、どうにでもできる感覚・・

ホントにいいですね~

のぞみのような女を自分に服従させたいと思ったら・・

魔法のオナホはきっと満足できますよ~

『感覚がつながる魔法のオナホ』はスマホでコッソリと読むことができます。

試し読みもあるので、チェックしてみてください(´∀`)

試し読みはこちら

▼クリック▼

logo2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする