人妻淫獄10話ネタバレ【シャッターが閉まって不審になるお客たちにw】

わたしが書いてます。

ご訪問ありがとうございます!!

takahasi

 

サイト運営者のタカハシです。

こっそりと読める電子コミックで、エロ漫画を満喫してます。

今回も、エロ漫画漫画の魅力をお伝えしてきますよ~(^O^)

 

 

⇒試し読みはこちら


今回は、『人妻淫獄~強制的に調教開発されるカラダ』10話の紹介です。

幼いころから馴染みのある八百屋のおじさん・・

沙耶華は、「犯して」とお願いして、淫らなことをされます。

昼間から八百屋のシャッターを閉めてたら、不審に思われていました。


⇒試し読みはこちら

【ネタバレ】人妻淫獄 10話

ホントは営業してるのシャッターが閉まっている八百屋。

買い物にきたお客たちは・・

「今日って休みだったかしら」

「まだ開けてないのかもね」

と会話をしていました。

シャッターを閉めた店の中では、沙耶華おじさんが。。。

ハァ ハァ

「お・・おじさん、お客さんが・・」

「ほっとけ今日は店じまいだ」

おじさんはいやらしい目つきをして、沙耶華のアソコに指を入れて・・

ぐちゅぐちゅぐちゅ

「何が大変なことになるんだ?」

「違う・・そういうことじゃない・・」

沙耶華のアソコが大変なことになってると、勘違いしてるおじさん。

「お前さんは男好きの淫乱な変態娘だ、と知っとったぞ」

「そ・・そんな・・ひどい」

「図星だったじゃねえか?」

八百屋のおじさんは、エロいカラダをした沙耶華が、淫乱だからこんなことをしてると思っていました。

おじさんは、人参をアソコに突っ込もうとしました。

「だめ・・そんなの入れたら、こわ・・れちゃうかも・・しれない」

「だめとか言って何興奮してんだ!」

食べ物が粗末になるから、人参を挿れるのは冗談で・・

「お前に突っ込むのは、ワシのチ○ポに決まっとろうが!」

ズン!!

「なんちゅう穴やたまらんわ!!」

おじさんは激しく腰をふりすぎて、お店の野菜が散らばりました。

「感無量や・・ガキの頃から知ってる子が・・」

挿入しながら、感動して涙を流すおじさん・・

パンパンパンパンパンッ~

「はげし・・すぎっ・・だめええ」

ガチャン!!

八百屋のシャッターから、大きな音がでました!!

「だめ・・シャッターのむこうに・・人が・・」

おじさんは知ったことかと、激しく腰を振り続けました。

「ねえ・・何の音?」

「なんか声するし・・警察呼んだほうが・・」

外のお客たちは、中の様子が変だと不審に思って、シャッターを・・

八百屋のおじさんが激し過ぎる!!

いや~前の話で、シャッター閉めたら、不審がられると思ったけど、そうなりました。

営業してるはずのお店が、やってなかったら、変ですよね( ´▽`)

しかも、中から大きな音が聞こえてきたら、気になってしまいます。

おじさんは、さすがに人参を挿れることはせず・・(・∀・)

さすがに、八百屋です(笑)

でも、おじさんなのに、腰の振り方が、激しかったです。

沙耶華は、すごく感じてみたいだし。

おじさんが、たまらなくなってたのをみて。。。

沙耶華のアソコってホントに気持ちいいんだろうな~(。-∀-)

結局、八百屋のシャッターは開けられるわけですが・・

このときの沙耶華は、必見です。

いや~大変なことになっちゃいましたね(*゚▽゚*)



人妻淫獄」は、電子コミックで読むのがオススメです。

無料で立ち読みができるので、チェックしてみてください♪

⇒立ち読みはこちら


logo2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする