人妻淫獄8話ネタバレ【浮浪者に前と後ろから激しく・・】

わたしが書いてます。

ご訪問ありがとうございます!!

takahasi

 

サイト運営者のタカハシです。

こっそりと読める電子コミックで、エロ漫画を満喫してます。

今回も、エロ漫画漫画の魅力をお伝えしてきますよ~(^O^)

 

 

⇒試し読みはこちら
今回は、『人妻淫獄~強制的に調教開発されるカラダ』8話の紹介です。

沙耶華は、元カレが犯人ではないかと疑うも、期待は裏切られ。

メールで指示された場所へいくと、そこには薄汚い男たちが待っていました。

沙耶華は、ここでも犯されるのですが、浮浪者にある事実を告げられます。


⇒試し読みはこちら


【ネタバレ】人妻淫獄 8話 

浮浪者たちは、何度出しても、沙耶華へのレ○プは、止まりません。

「ど・・どうよ?」

「いいぞ!最高やこの女の中!」

沙耶華は抵抗することができずに、ヤられるがまま・・

「また、興奮してきた早く代わってくれや・・」

浮浪者は交代で、沙耶華を犯し続けました。

しかも、何度も沙耶香の中に射精して・・

「ああ~頭の中がシビれる程気持ちええわぁ~」

さらに・・

「なにも穴は・・一つというわけでもないな」

「え!?は…」

「せっかくだ・・ア○ルにもぶち込んでやろうかのう」

耳を疑うようなことばに、恐怖を感じる沙耶華・・

「そ・・そんなのムリ・・」

沙耶華は逃げようとしましたが、浮浪者に押さえつけられ・・

「ヒヒヒ・・レ○プらしくなってきたぞ・・!!」

ぶちぶち~

「痛い~やめて~!!」

あまりの痛さにまともに声も出ない沙耶華・・

「入った・・なんちゅう締りや!!」

浮浪者は容赦なく、今度は・・

「前の穴が空いとるぞ・・はよ埋めてやれ」

二人がかかりで、前と後ろから激しく、沙耶華を突きました。

「ムリ・・こわれ・・るっ」

「まだイケる・・尻の穴はクセになりそうだ」

なんで私が・・こんな目に・・

ようやく、沙耶華へのレ○プが終わると。。

「あんた、昔からホームレスに優しいんだろ?」

と沙耶華へ言ってきました。

「昔・・から・・」

浮浪者は、沙耶華の昔のことを話始めました…

沙耶華の過去と関係ある・・?

野獣のような浮浪者たちのレ○プでした。

痛がる沙耶華に、容赦なく前と後ろからの同時挿入・・

それに発情する浮浪者たちの姿は、もう気味が悪かった~(;´∀`)

で、ここまで読んでてパターンがみえてきました。

メールが届いて指示されたところ行って、犯されて、何かのヒントを得る。

犯人は、沙耶華に少しずつメッセージを伝えているようです。

沙耶華の過去と今回の事件は、なにやら繋がっているみたいですね(。-∀-)

浮浪者にレ○プされた場所も、実は沙耶華の学生時代に関係していました。

沙耶華は、浮浪者のことばを冷静に読み解いて、犯人へと結びつけていました。

そして、ここでも怪しい影があって。。。

コイツ誰だよ?とミステリアスな展開になっていきますね。

沙耶華が、犯人にたどり着くまで、どんな仕打ちを受けるんでしょう?



人妻淫獄」は、電子コミックで読むのがオススメです。

無料で立ち読みができるので、チェックしてみてください♪

⇒立ち読みはこちら


logo2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする