ネトリ爺の快楽介護。4話ネタバレ【頼む!もう嫁に我慢できないw】

わたしが書いてます。

ご訪問ありがとうございます!!

takahasi

 

サイト運営者のタカハシです。

こっそりと読める電子コミックで、エロ漫画を満喫してます。

今回も、エロ漫画漫画の魅力をお伝えしてきますよ~(^O^)

 

 

今回は、『ネトリ爺の快楽介護。~嫁がエロい体してたから勃ってしもたんじゃ!』の4話を紹介します。

たった一日で、医者も驚くほど元気になったおじいちゃん。

「願い事を聞いてくれ」と嫁をもっと求めるようになりました。

車椅子から立ち上がって、すごくエッチなことに・・・(  ̄▽ ̄)

試し読みはこちら↓

ネトリ爺の快楽介護。

スマホですぐに読めるよ~

【ネタバレ】 ネトリ爺の快楽介護。 4話

デイサービスから帰ってきて、体調がよくなったことを喜んでいた淑子

別のトコロはさらに元気になり過ぎて・・

また大きくなった養父のアソコ。

「処理って・・・冗談でしょ?」

「年寄りを助けると思って!!」

養父のことばに妙に納得した淑子は・・

シュッ シュッ シュッ

「細くて綺麗な指じゃのう!」

「もっと速く!強く!」

養父のアソコを手でしごきました。

「イキそうなんですか?いいです…よ」

そして、養父は車椅子から立ち上がりました。

「そんな~ッ」

と驚く淑子。

「淑子さん、舐めとくれ!」

「嫌あああ」

嫌がる淑子の口に強引に、アソコを入れる養父。。。

ジュポ ジュポッ

淑子はフ○ラには不慣れでしたが、養父はだんだんと気持ちよくなって・・

「イクぞ!淑子さん!」

どぴゅう~

ゲホ ゲホ

なんと口の中に出されたモノを飲んでしまった淑子。

すると、養父はさらに力がみなぎったように。。。( ´▽`)

「ぬおおおお!」

ビン ビン

「こんなことって・・」

あまりのできごとにあたふたする淑子 (´д゚`ll)

お、お義父さん、なんて大きさなの!

あんなので突かれたら・・

そして、養父は胸を揉みながら・・

「こんなに濡らしとるじゃないか!欲しいんじゃろう?」

淑子は、「やめて~」と言いながらも・・・

続きはこちら↓

わたしももう限界だ~

うぉ~~~めちゃくちゃエロいぞ~Σ(゚д゚lll)

おじいちゃんに開発されていく淑子さんにわたしも限界です。

淑子さんの手○キから始まって、フ○ラまで…

豪華メニューのオンパレードな4話でした。

しかも、フ○ラに慣れてないというのが、素人感が出てていいです( ̄∀ ̄)

そして、口内○精からの、ゴックンなんてもうわたしも有頂天!!

と興奮していますが…

手○キしてて、「イってもいいですよ」というセリフがまた色っぽい。

すごくゾクゾクしました~。

淑子さんは、おじいちゃんのなされるがままでした。

でもね、一応アソコはびしょびしょでも、夫への後ろめたさは、あったようです。

まだ、いい奥さんっぽいところもあって、なんともいえない気持ちになります。

そして、夕方になり夫の誠二が、帰ってくるんです。

ここは、この漫画の一番のみどころですよ~

淑子があんなことになってるなんて!!

絶対読んで欲しいところなので、チェックしてみてくださ~い(*´▽`*)

試し読みはこちら↓

↓クリック↓

ネトリ爺の快楽介護。

スマホですぐに読めるよ~

logo2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする