ケダモノのいいなり失われた放課後7話ネタバレ【出産しても…救えない?】

わたしが書いてます。

ご訪問ありがとうございます!!

takahasi

 

サイト運営者のタカハシです。

こっそりと読める電子コミックで、エロ漫画を満喫してます。

今回も、エロ漫画漫画の魅力をお伝えしてきますよ~(^O^)

 

 

今回は、『ケダモノのいいなり 失われた放課後』7話を紹介します。

読むのが1番辛かった6話を乗り越えて、7話に到達。

ここで新展開なんですが、なんともいえないことに・・

試し読みはこちら↓

『ケダモノのいいなり』

スマホですぐに読めるよ~

【ネタバレ】『ケダモノのいいなり 失われた放課後』 7話

もう人間扱いされず、ただ男の精液を受け入れるだけのカラダになったあやの

援交オヤジ相手の売春は、中出しなんでもありで、客は増え続けていました。

「このJ○の娘は妊婦で、なんでもさせてくれるのか!」

「ザーメン・・ぶっかけてください」

何人ものおやじ相手に、輪姦されるあやの・・

「一人5万円も払ったんだ 元は取らせてもらうよ」

「はあ はあ」

あやの大きくなったお腹は、もう隠しきれず。。。

両親は、子育てのことでケンカになり離婚。

あやのは出産し、学校やめました。

そして、不良たちと関わらないように、すべてを捨てて家を出ました。

「こんにちはー あやです」

あやのは、不良グループと無関係になっても、売春を続けていました。

しかも、子供が寝ている自分のアパートに男を連れ込み・・

アソコを咥えて、胸に挟んで・・

チュプ チュプ

「すっげ~なんでそんなに上手いの?」

もう何人もの男を相手にしたか分からない・・

ちゅ~じゅるッ

母乳がでるおっぱいを男に舐めさせ・・

「赤ちゃんにも残しといてよ」

挿入させれば・・

「あと1万で中出ししていいよ」

生活費を稼ぎ、子育てをするために、自宅で始めた売春・・

あやのは、子供への罪悪感もありました。

でも、それが快感に変わっていって…

続きはこちら

↓クリック↓

子供を産んでも…

ん~なんでもっと早く不良との関係を、断ち切れなかったんでしょう?

確かに脅され続けていたけど、出産したらあっさりと家を出ていました。

もうどうなってもいいと覚悟したのかな?

そして、あやのは両親からも見放されてしまいました。

自分で生活費を稼ぐために、売春を繰り返す日々になっていました。

悲惨なのが、赤ちゃんが寝ている側で、男を相手にしてたことです。

うわ~よくできるよな~。

しかも、お客の男にも母乳を飲ませて、その後赤ちゃんにもって。

ホントに病んでしまいました・・あやのは・・

もう救いようがない状態です。

まあ、こうなってしまったのもあの不良グループが原因ですが…

立ち直るきっかえさえないのは、めちゃくちゃ辛かった(T~T;。)

一応、ケダモノはいなくなったけど・・

あやの中には、まだケダモノが住み着いているみたいです。

いや~怖いな~゚(´・ω・)

試し読みはこちら

↓クリック↓

logo2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする