ぬるぬる快感マッサージ2話ネタバレ【快楽にハマっていく人妻たち!】

わたしが書いてます。

ご訪問ありがとうございます!!

takahasi

 

サイト運営者のタカハシです。

こっそりと読める電子コミックで、エロ漫画を満喫してます。

今回も、エロ漫画漫画の魅力をお伝えしてきますよ~(^O^)

 

 

ぬるぬる快感マッサージ

今回は、『ぬるぬる快感マッサージ~あ!ソコは刺激しないでください』の第2話を紹介します。

第1話のマッサージの続きからなんですが、マッサージ棒の投入でついに最後までいってしまいまいました(*゚▽゚*)

そして、やっぱりハマっていく奥様たち・・

⇒無料試し読みはこちら


【ネタバレ】 ぬるぬる快感マッサージ 2話

木綿子の個室・・

ぬる ぬる ぬる

足の指から液体を塗られて、くすっぐたくて・・変な感じになる木綿子。

け・・けっこう上手ね・・

最初は、まだ冷静だったんですが・・次第に・・

「あ・・あああん・・!」

「変な声を出さないでください」

とイケメン施術師はまだ冷静でした(笑)

ぬる ぬる ビク ビク

上手いわ・・この人

ウチのダンナなんか比べものにならない・・

クチュ クチュ クチュ

アソコをマッサージ(でいいのか・・?)し始めると・・

「あ・・あたしイキそぉぉぉ」

施術師は、誤解されるから大声だなさいでと注意しました。

それでも、我慢できない木綿子。

「しょうがない奥さんだな・・」

とニヤけるイケメン施術師。

すると、木綿子が下半身に着ていたモノを丸めて口の中へ。

そして、上と下を同時にマッサージ・・

い・・今チ○ポ入れられたら、失神しちゃう・・

でも、人妻まだからそんなこと考えちゃダメだと一応自制するのですが・・

一方で、亜津子はストレス解消の方法を教えましょうと言われ。

恥ずかしくて旦那にも触らせたことがないトコロを刺激されて・・・


やっぱりハマっていった~(笑)

亜津子も木綿子もめちゃくちゃ気持ち良さそうでした。

こんな快楽を味わってしまったら、ハマっていくのも分かります。

面白いのは、イケメン施術師たちが、ここはそんな店じゃないと冷静だったところ。

そうです、ここは一応エステなんです。

だから、マッサージ棒と称した道具を使って、絶頂の世界へと誘います(笑)

とはいっても、チ○ポなんですけどね。

それで、亜津子も木綿子も、旦那への罪悪感を抱きながら、イッテしまうのが、わたしが興奮したポイントでした。

旦那とのHには欲求不満でも、嫌いじゃない。

でも、このマッサージ棒が最高過ぎるというジレンマがたまりません。

ほぐして・・・!

グチュグチュにして欲しいの・・!

なんて、艶めかしすぎて、いけませんね~(# ゚Д゚)

でも、このセリフには欲求不満の思いがいっぱい詰まっているようでした(笑)

そして、最後に次の予約のことを話していました。

ハマってしまったら、お金がたくさん必要になってくるのでは・・?

ストーリー的には、お金の工面で、大変なことになりそうな気がします。

ぬるぬる快感マッサージ』は、コッソリ読める電子コミックが、オススメです。

無料の試し読みもあるので、ぜひチェックしてみて下さい!!

⇒無料試し読みはこちら


logo2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする